不動産投資のプラン

  • 2012/11/07(水) 22:47:15

マンション・アパート経営における不動産投資のプランを紹介します。
土地を買ってから建築するケース
新築物件を1棟ごと購入するケース
中古物件を購入するケース
などのプランが不動産投資にはあります。


土地を買ってから建築するケース

投資プランから投資物件を持つ地域を絞り、その地域内で条件に合う土地を購入する準備をします。
同時に建築計画を立てていきますが、アパート・マンションの場合は、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの構造に分かれます(構造は、投資物件の規模によって決まってきます)。
ハウスメーカー、地元工務店、建設会社によって得意分野がありますので、建築計画に合せて委託業者を選別し、見積もりを取って比較検討していくことになります。
また、この際に建築プランも提案してもらうことが重要です。


新築物件を1棟ごと購入するケース

土地を買ってから建築するケース同様、投資プランから投資物件を持つ地域を絞り、物件を探していきます。
この場合、物件数はかなり限られてくるので、多少時間をかけて探していくことが多いです。
候補物件が出てきたら、間取りや設備仕様などが投資プランに合っているかどうかを検証し、賃貸管理会社などへ賃料査定を依頼して事業収支を確認します。
複数の候補物件から、投資プランに合った物件が見つかれば購入を検討します。
ここでの注意点は、「良い物件はすぐに買われてしまう」ことを忘れないようにしてください。
じっくり検討している間に誰かに買われてしまったというケースが非常に多いです。


中古物件を購入するケース

中古物件は意外に多く売り出されています。
一番の注意点は、建物の老朽化です。
あまりにも築年数が経過している物件ですと、すぐに建て替えの話になってしまいます。
しかし、古い物件ほど安く売り出されるケースもありますので、購入後にリフォームやリノベーションを検討していくという考え方もあります。
リノベーションとは、中古物件に新たな付加価値を付けるため、改修して新たな住宅として再生させることをいいます。
リフォームよりも規模が大きいのが一般的です。

ワンルームマンション投資 失敗J-REIT 投資信託ワンルームマンション投資
ワンルームマンション投資のリスク失敗しない不動産投資今すぐお金を借りる方法
老後資金を貯める方法