住宅ローンの比較

  • 2013/07/30(火) 23:34:31

住宅ローンの比較はしっかり考える必要があります。
特に住宅ローンの借り換えの場合は、金利差だけを見ている人が少なくありません。
しかし、本当に借り換えでメリットが出るのかを確認してください。
金利差が大きければ、それだけメリットも大きくなりますが、見逃してはいけないのが初期費用です。

住宅ローン借り換えのための手続きには手数料がかかるのが普通です。
残高が多ければ、それだけ手数料などの費用がかかります。
借り換え後の住宅ローンの形態も重要です。
銀行によっては保証料がかからない場合もあります。
保証料はおおよそ年0.2%と考えていいでしょう。
自分の場合に当てはめて、手数料や保証料がいくらになるかをあらかじめ計算しておいたほうがいいでしょう。

住宅ローン借り換えの人気ランキングを見てみると、No1は住信SBIネット銀行です。
金利の安さが魅力のようです。
それから、初期費用が安く済むのが新生銀行です。
フラット35は団体信用保証料が必要となりますから、注意してください。
金利の数字だけを見ていると、勘違いしてしまうことになります。
最近の住宅ローンで注目されているのが、疾病保障が付いている商品です。
借り入れで病気になったら、住宅ローンを保障してくれるものです。
誰でもいつ病気になってしまうかわかりません。
病気になれば、収入減は避けられません。
毎月の収入を前提として返済計画を立てているのですから、収入減は大きな誤算です。
もちろん、保障のために金利は少し高く設定されます。
ネットなどで比較表を参考にして、自分が求める借り換えを探してみましょう。

収入の増やし方収入を増やすには収入を増やす方法
株式投資を収入源にする都内ワンルームマンション投資
中古ワンルームマンション投資ワンルームマンション投資失敗
ワンルームマンション投資成功不動産投資リスク不動産投資効率
FX初心者雇用統計FX為替動向ファンダメンタルズ分析FX
副業 副収入副業稼ぐSEOOL株おすすめOL株式投資

老後資金準備と教育費の準備

  • 2013/04/28(日) 10:00:21

夫婦の世帯年金額は、子育ての有無、子どもの数は夫婦の公的年金にはまったく影響せず、夫婦の働き方の違いによって年金額が変わってきます。
まず、子どもの人数は、将来の年金額に反映されることはありません。
また、子どもがいるかどうかも将来の年金額に考慮される余地はありません。
このことはしっかり覚えておくべきことでしょう。
子育てする夫婦は、そうでない夫婦に比べると、子育て期間が終わるまで、経済的にはなかなか苦しい時期を過ごします。
子ども優先で自分たちの消費を我慢することも多いと思いますが、その苦労は年金には反映してもらえません。
老後のことはしっかり自分達夫婦で備えなければいけないということです。

子育てする夫婦は、子どもの学費・教育費を貯めたりしなくてはならないので、自分達の老後資金の準備は後回しになりがちですが、子どもの学費はいつどれくらいの金額がかかるのかは、ある程度が予想できますので、子どもが生まれたときから学費を貯めること積み立てていくことをおすすめします。
早いうちから学費がある程度貯まっていれば、その分、自分達の老後資金の準備を始める時期も早めることが可能になるということに繋がるからです。

資産運用方法お金を増やす方法分散投資 資産運用REIT分散投資
資産配分インカムゲインインデックス投資外国株式投資
外国株購入外国株ETF海外ETF米国株式
投資信託おすすめETF投資資産運用ETFメリット
債券投資債券ETFREITおすすめREIT ETF
株式ETFおすすめETF銘柄JREITメリットJREIT投資
米国債投資資産運用おすすめ社債購入優先株投資ETF
米国株買い方お金持ちになる方法外国債券老後の貯蓄
お金の増やし方 債券株式投資


不動産投資のプラン

  • 2012/11/07(水) 22:47:15

マンション・アパート経営における不動産投資のプランを紹介します。
土地を買ってから建築するケース
新築物件を1棟ごと購入するケース
中古物件を購入するケース
などのプランが不動産投資にはあります。


土地を買ってから建築するケース

投資プランから投資物件を持つ地域を絞り、その地域内で条件に合う土地を購入する準備をします。
同時に建築計画を立てていきますが、アパート・マンションの場合は、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの構造に分かれます(構造は、投資物件の規模によって決まってきます)。
ハウスメーカー、地元工務店、建設会社によって得意分野がありますので、建築計画に合せて委託業者を選別し、見積もりを取って比較検討していくことになります。
また、この際に建築プランも提案してもらうことが重要です。


新築物件を1棟ごと購入するケース

土地を買ってから建築するケース同様、投資プランから投資物件を持つ地域を絞り、物件を探していきます。
この場合、物件数はかなり限られてくるので、多少時間をかけて探していくことが多いです。
候補物件が出てきたら、間取りや設備仕様などが投資プランに合っているかどうかを検証し、賃貸管理会社などへ賃料査定を依頼して事業収支を確認します。
複数の候補物件から、投資プランに合った物件が見つかれば購入を検討します。
ここでの注意点は、「良い物件はすぐに買われてしまう」ことを忘れないようにしてください。
じっくり検討している間に誰かに買われてしまったというケースが非常に多いです。


中古物件を購入するケース

中古物件は意外に多く売り出されています。
一番の注意点は、建物の老朽化です。
あまりにも築年数が経過している物件ですと、すぐに建て替えの話になってしまいます。
しかし、古い物件ほど安く売り出されるケースもありますので、購入後にリフォームやリノベーションを検討していくという考え方もあります。
リノベーションとは、中古物件に新たな付加価値を付けるため、改修して新たな住宅として再生させることをいいます。
リフォームよりも規模が大きいのが一般的です。

ワンルームマンション投資 失敗J-REIT 投資信託ワンルームマンション投資
ワンルームマンション投資のリスク失敗しない不動産投資今すぐお金を借りる方法
老後資金を貯める方法

海外ETFの銘柄 Dow Diamonds

  • 2012/07/28(土) 18:58:33

Dow Diamondsは、米国を代表する株価指数「ダウ工業株30種平均(DJIA)」に連動する投資成果を目指すETFです。
正式名称はDIAMONDS Trust Series1 (ダイアモンド・トラスト・シリーズ1)ですが、「Diamonds(ダイアモンド)」というニックネームで呼ばれています。
運用会社はステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズで、ティッカーシンボルはDIA、ニューヨーク証券取引所アーカ市場に上場しています。

Dow Diamondsは、連動の対象であるダウ工業株30種平均を構成する30銘柄を指数とほぼ同じ構成比率で株式を保有しています。
これらの30銘柄はいわゆる優良株と呼ばれる銘柄ばかりで、日本でも馴染みのある銘柄が揃っています。

Dow Diamondsは1998年1月13日に上場した、米国で最も古い上場投資信託の一つというだけでなく、経費率が最も低いETFの一つであるという特徴があります。
Dow Diamondsの年間経費率は0.18%で、これは、株式を対象とするETFの中では、最も経費率の低いSPDR S&P500 ETF、iShares S&P 500 Index Fund、

Vanguard Total Stock Market ETFの0.09%、Vanguard Mega Cap 300 ETFなどの0.13%、Vanguard Mid-Cap Growth ETFなどの0.15%、BLDRS Emerging Markets 50 ADR Index Fundの0.16%に次ぐ低い水準です。これは株式ETFの平均年間経費率の0.56%を大きく下回わるものです。

また、Dow Diamondsは最も資産総額が大きいETFのうちの一つで、AAII(米国個人投資家協会)データによると、米国で運用されている株式を投資対象とするETFの中でも大きな資産総額を誇っています。


投資 初心者教育資金 貯め方海外ファンド 投資高利回り 投資信託
国債暴落 円安老後資金 貯め方米国株 買い方外国株 購入
老後 貯蓄貯金方法サラリーマン お金米国債券米国社債
老後の生活資金ワンルーム投資のリスク外国債券ETF海外株購入
消費者金融申し込み不動産投資 成功お金を借りる 即日
お金借りる キャッシング即日老後のお金はいくら必要


金融商品におけるリスクとリターンの関係

  • 2011/08/31(水) 23:01:58

金融商品には必ず、「リスク」と「リターン」があります。
リターンとは、投資を行うことで得られる収益のことです。
リスクとは、「結果が不確実であること」を意味し、具体的には、リターン(収益)の振れ幅のことを指します。

リスクとリターンの関係は、表裏一体の関係といえます。
リスクが大きなものほどリターンが大きく、リスクが小さいものほどリターンが小さいという傾向があり、大きな収益を期待すると、リスクが大きくなり、逆に大きな損失の可能性も増す、ということです。
ただ、金融商品の中には、リスクが大きくリターンも小さいハイリスク・ローリターンという金融商品もあることを憶えておきましょう。
値動きのある株式や債券、投資信託などの金融商品は、マーケットの動向により価格が変動します。
株式、債券、投資信託などの金融商品には、主に価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、金利変動リスクがあります。

価格変動リスク
投資信託が組み入れている株式や債券の価格が変動する可能性のことです。
株価は最終的には市場における需給によって決まりますが、一般的に、国内及び海外の政治・経済情勢、企業の業績等の影響を受けます。

為替変動リスク
為替レートが変動する可能性のことです。
外国通貨建ての資産に投資する投資信託の場合、一般的には円高になれば基準価額にマイナス、円安ならプラスの影響があります。
外国の株式や債券で運用する投資信託には基本的に、為替変動リスクがあります。

信用(デフォルト)リスク
債券等を発行する国や企業が、財政難・経営不振などの理由により、利息や償還金をあらかじめ定めた条件で支払うことができなくなる可能性のことです。

金利変動リスク
金利が変動する可能性のことです。
一般的に、金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券の価格は上がります。また、満期までの期間が長い債券ほど、金利変動の影響を大きく受けます。

米国債 購入退職金運用米国株式老後資金サラリーマン副業
資産運用老後の貯蓄教育資金老後資金運用ロト6 確率新興国投資